自由気ままに、映画・本・CDの感想を書きつづります。マイペースで更新する予定です。


by reese8

<   2010年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

食堂かたつむり/小川糸

d0141483_155074.jpg
柴崎コウの主演で映画になった作品ですね。
ちょうど読みたいと思っていたところ、NAONにオススメされて読みました。
--------
トルコ料理店でのアルバイトを終えて家に戻ると、部屋の中が空っぽになっていた。突然、同棲していた恋人に何もかもを持ち去られ、恋と同時にあまりに多くのものを失った衝撃から、主人公の倫子はさらに声をも失う。たったひとつ手元に残ったのは、祖母から譲り受けたぬか床だけ。山あいのふるさとに戻った倫子は、小さな小さな食堂を始める。一日一組のお客様だけをもてなす、決まったメニューのない食堂。次第に食堂は評判になるが――五感をくすぐる瑞々しく繊細な描写と、力強い物語運びで話題を呼んだデビュー作。(Amazonより)
-----------

最近サスペンス的な本ばかり読んでいたので、
心の息抜き的な、ほっとする本でした。
インド人の彼に全ての財産を持ち逃げされたり、声が出なくなってしまったりと・・・
書きようによっては、本当に暗くなれるような話だったりするのですが、
文体がやわらかかったり、情景をふんわりした言葉で綴っているので、
全然暗い話には感じられません。
『~のように、~のように』と、何かにたとえる表現が本当に多くて、
そこまで例えなくても良いのでは?と思う時もありましたが、
このことが、まるで絵本を読んでいるような気持ちにさせてくれます。
挿絵も無いけど、絵本です。
一文一文を大切に読みたいと思える本でした。
途中、泣けてしまうシーンもあります。
今回はお借りして読みましたが、一冊手元において、たまに読んでみたい本ですね。
映画はどんな感じに仕上がっているか、機会があればぜひ観てみたいところです。
[Amazon:食堂かたつむり (ポプラ文庫)]
[PR]
by reese8 | 2010-08-15 01:06 |

容疑者Xの献身/東野圭吾

d0141483_135482.jpg
この本は、まさに「容疑者Xの献身」というタイトルの通り。
ガリレオシリーズなので物理学者湯川が登場しますが、ちょっと脇役な感じ。
-------------
出版社 / 著者からの内容紹介
数学だけが生きがいだった男の純愛ミステリ
天才数学者でありながらさえない高校教師に甘んじる石神は愛した女を守るため完全犯罪を目論む。湯川は果たして真実に迫れるか
--------------------

ちょっと前に読んだので細かい点は忘れ気味です。
この人間関係がどうなっていくのか、犯罪は暴かれるのか!?
最後まで目が話せない感じで面白かったのですが、
最終的に誰もが救われていない点がやるせなかったです。
犯罪を隠蔽して、暴かれなければ何事もなかったように過ごせると思うのは大きな間違いだと分かります。
つくろおうとすればするほど、不幸になっていくような気がしました。
[PR]
by reese8 | 2010-08-15 01:04 |

神様のカルテ/夏川草介

d0141483_0514423.jpg
------------------
内容紹介
栗原一止は信州の小さな病院で働く、悲しむことが苦手な内科医である。ここでは常に医師が不足している。
専門ではない分野の診療をするのも日常茶飯事なら、睡眠を三日取れないことも日常茶飯事だ。
そんな栗原に、母校の医局から誘いの声がかかる。大学に戻れば、休みも増え愛する妻と過ごす時間が増える。最先端の医療を学ぶこともできる。
だが、大学病院や大病院に「手遅れ」と見放された患者たちと、精一杯向き合う医者がいてもいいのではないか。
悩む一止の背中を押してくれたのは、高齢の癌患者・安曇さんからの思いがけない贈り物だった。第十回小学館文庫小説賞受賞作。 (Amazonより)
------------

電車の中で読んでいたのですが、電車の中で思わず泣いてしまいそうになってしまいました。
だいぶ前に読んだので、細かい点は忘れてしまいましたが・・・
CMでもやってますが、お医者さんって本当に忙しいし大変な仕事だと思いました。
でもこの本では、主人公の医者と、患者さんをはじめとする周りの人との関係がなんだかステキで・・
個人的には、主人公と奥さんの関係がいいなと思いました。
舞台が松本市なので、お城周りの情景とか思い出て、
色々想像しながら読めました。

最近映画化が決まったようですね。奥さんの役が宮崎あおいですが、
飾り気が無くても魅力的なところはイメージ通りですね。
[PR]
by reese8 | 2010-08-15 00:53 |

探偵ガリレオ

d0141483_0484179.jpg
今まで東野圭吾の本を読んだことがなかったのですが、テレビドラマの『ガリレオ』を少し観たところ、話が面白そうだったので「先に本を読む!」と決めました。
最近、映画やドラマで面白そうなものがあると、原作を先に読みたくなってしまいます。
この本は短編集で、タイトルは「燃える(もえる)」「転写る(うつる)」「壊死る(くさる) 」「爆ぜる(はぜる)」「離脱る(ぬける)」。
タイトルのイメージ通りの事件です。
全て理系ならではの話です。
ドラマで福山さんが演じていた湯川という物理学者が出てきますが、原作は福山さんのイメージとちょっと違う感じがします。柴崎コウのキャラクターも出てこないし。
全体的にやや暗めの印象がありましたが、面白く読めました。
[PR]
by reese8 | 2010-08-15 00:48 |
d0141483_046967.jpg
これは昨年末に読んだのでだいぶ忘れましたが、BOOKOFFで何故かハリーポッターの隣に置いてありました。ノンフィクションのような事が書いてあり、しかも100円!だったので思わず購入。
(魔女ってタイトルにあるけど、ハリーポッターの横にあるのはどうかなぁ?
そんなにファンタジーじゃないぞ。)

つづき…
[PR]
by reese8 | 2010-08-15 00:46 |

クヒオ大佐

d0141483_0385931.jpg
クヒオ大佐って知ってますか?戦時中に実在した結婚詐欺師です。
私はテレビ番組で紹介されていたのを見たことがあったので、
『結婚詐欺の話なんて面白くなさそう~』と思っていたのですが、
堺雅人が主演ということで観る事にしました。
クヒオ大佐の女性をだます姿がアホっぽくて面白かったです。
でもこの映画の見所は、だまされる女役の松雪康子じゃないかと思います。
奥ゆかしくて、クヒオに純粋に尽くす姿から目が離せません。
以前に見た「デトロイト・メタル・シティ」での
バイオレンス女社長の松雪泰子とはまったく違います。
同一人物なのか疑いたくなるほどです。
この映画で、松雪康子っていい女優さんだなぁと今更気が付きました。
リンクを貼ろうと思って「デトロイト~」の記事を探したら、
マンガの方しかなかった…映画の感想書いてなかったのかorz

[PR]
by reese8 | 2010-08-15 00:39 | 映画

カムイ外伝

d0141483_0331888.jpg
これって漫画があるんですね。
何も知らずに観たのですが、カムイという抜け忍が主人公です。
抜け忍とは忍者を辞めて普通の人になることを言うようですが、
この物語では抜け忍は命を狙われる身になってしまうようです。
漫画が元なだけあって、絶対にありえないようなアクションとかあって、
忍者娯楽的な感じで普通に楽しく見られます。
でも、話自体は決して明るいものでは無いです。
どちらかというと暗い・・・そして暗い。
気楽に観たい映画です。
[PR]
by reese8 | 2010-08-15 00:33 | 映画
d0141483_23313453.jpg
これはすごくすごーくオススメです!2009年度のベストドラマです。
一部の県でしか放送されていなかったようなので、長野県民の私は全く知りませんでしたが、
TSUTAYAでマメシバの可愛いパッケージがどうしても気になって借りてしまいました。
「パッケージにだまされるんじゃないか」という疑心を抱いてしまい、
しばらく借りるまでに時間がかかってしまいました。

「幼獣マメシバ」というタイトルのくせに、主役はマメシバじゃありません。
35歳の二郎という引きこもりの男の人です。
話は二郎のお父さんのお葬式の日から始まるのですが、
お葬式の後に、二郎のお母さんが一匹のマメシバと暗号を置いて失踪してしまうんです。
どうやら暗号を辿ればお母さんに会える!?ということで、マメシバとお母さんを探しに良くのですが、
この二郎、家を中心とした半径3kmより外に出たことが無いという、筋金入りの引きこもり。
探しにでかけるのも容易じゃないんです。
あきらめたり、がんばったり、物語が進むにつれて『二郎がんばれ!』と思っている自分がいる。。。
見終わったときには、みんな二郎のことが好きになっているハズ。
これはかなりツボなドラマでした。

このドラマの後に映画版が出たようなのですが、話は二郎のお父さんの四十九日から始まります。
映画は映画で完結しないといけないので、時系列はドラマの後になっていますが、
またマメシバと出会うところから、二郎が完全なる引きこもりのところから始まるので、
ドラマを見てすぐに映画を見ると、違和感をおぼえます。
でも、ちゃんとトータルでは物語が続いていて、最終的なオチまで付いているので、
ついでに映画も見てもいいかなーという感じです。

ぜひぜひ見て欲しいドラマですよ!!
二郎のセリフが面白すぎるので、誰かに二郎語録を作ってもらいたいところです。
[PR]
by reese8 | 2010-08-09 23:33 | ドラマ
d0141483_23261688.jpg
すごーく前に見たのでだいぶ忘れましたが、一時期はまって見てました。
細かい事は知りませんが、最初は深夜枠でやっていたようです。
その後夕方の放送となった為に、ちょっと際どさが削がれたようです。

主人公はルルーシュという妹想いの優しい少年なんですが、
ギアスという特殊な能力を得たことで、別の顔を持つことになるんです。
正義の味方というよりは、ちょっとブラックな人になってしまうんですが、
私はこのブラックな主人公がお気に入りです。
内容としてはガンダムっぽさもあるけれど、そこまで機械での戦いがメインでもなく、
ちょっと超能力的な不思議な力とか、別世界のような話が大きなキーとなっていて、
しかも何故かちょっとした学園ネタもあったりして・・・
(個人的には、この学園ネタは要らない気がします)

R2で続編が放送されて、そこで完結します。
途中、話がごちゃごちゃしてきますが、ラストはなんとなくうまくまとめられちゃってます。
個人的にはちょっと残念な結末ですが。
長編アニメがお好きな方は、きっと面白いと思うのでお勧めです!
[PR]
by reese8 | 2010-08-09 23:27 | アニメ
d0141483_2318090.jpg
これって名作のようですが、全然知りませんでした。
全くどんな映画かも知らずに観たのですが、タイトルから想像するに、
ファイト一発!系の、崖から落ちそうになったりハラハラドキドキものかと思ってました。
多分、それが大きな間違いだったんだと思うのですが、
それとは、まーーーーったく違う映画です。
男同士の愛の物語です。

ここからネタバレ
[PR]
by reese8 | 2010-08-09 23:19 | 映画