自由気ままに、映画・本・CDの感想を書きつづります。マイペースで更新する予定です。


by reese8

<   2008年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

サイン

d0141483_19291291.jpg
シャマラン監督です。
これは面白くないと聞いてはいたが、やはり面白くなかった。
ミステリーサークルが出来て、「宇宙人のしわざか?」とかそれを延々をやってる映画。
シャマラン監督だから、ちょこちょことアレがコレに?とかネタをしこんであるんだけど、
私的にはもう、テーマ自体がダメダメです。
元々宇宙系とか好きじゃないからかもしれないけど。。

なんかメルギブソンがアホに見えました。

ここからネタバレ
[PR]
by Reese8 | 2008-07-31 19:28 | 映画

[脚本]宮藤官九郎

■ GO(2001年、金城一紀原作)
■ ピンポン(2002年、松本大洋原作)
□ 木更津キャッツアイ 日本シリーズ(2003年)
□ アイデン&ティティ(2003年、みうらじゅん原作)
□ ドラッグストア・ガール(2004年)
□ ゼブラーマン(2004年)
□ 69 sixty nine(2004年、村上龍原作)
□ 真夜中の弥次さん喜多さん(2005年、しりあがり寿原作)
□ 木更津キャッツアイ ワールドシリーズ(2006年)
■ 舞妓Haaaan!!!(2007年)
□ 少年メリケンサック(2008年)
□ カムイ外伝(2009年、白土三平原作)
[PR]
by Reese8 | 2008-07-26 00:01 | 備忘録

[監督]中島哲也

□ はの字忘れて
□ バカヤロー! 私、怒ってます 第二話 遠くてフラれるなんて
□ 夏時間の大人たち
□ Beautiful Sunday(出演:永瀬正敏 尾藤桃子)
■ 下妻物語(出演:深田恭子 土屋アンナ)
■ 嫌われ松子の一生(出演:中谷美紀 瑛太 伊勢谷友介 劇団ひとり)
■ パコと魔法の絵本(出演:役所広司 妻夫木聡 土屋アンナ 阿部サダヲ)
[PR]
by Reese8 | 2008-07-25 23:58 | 備忘録

[俳優]トム・ハンクス

□ 血ぬられた花嫁(1980)
□ スプラッシュ(1984)
□ 独身SaYoNaRa! バチェラー・パーティー(1984)
□ マネーピット(1986)
□ ドラグネット/正義一直線(1987)
■ ビッグ(1988)
□ パンチライン(1988)
□ メイフィールドの怪人たち(1989)
□ ターナー&フーチ/すてきな相棒(1989)
□ 虚栄のかがり火(1990)
□ ジョー、満月の島へ行く(1990)
□ ハリウッド・ナイトメア<TVM> (1992)
□ プリティ・リーグ1992)
□ めぐり逢えたら(1993)
□ フィラデルフィア1993)
■ フォレスト・ガンプ/一期一会(1994)
□ アポロ13(1995)
■ トイ・ストーリー(1995) 声
□ セルロイド・クローゼット(1995)
□ すべてをあなたに(1996)
■ ユー・ガット・メール(1998)
■ プライベート・ライアン1998)
■ グリーンマイル (1999)
■ トイ・ストーリー2(1999) 声
■ キャスト・アウェイ(2000)
■ ロード・トゥ・パーディション(2002)
■ キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002)
□ レディ・キラーズ(2004)
■ ターミナル(2004)
□ ポーラー・エクスプレス(2004)
■ ダ・ヴィンチ・コード(2006)
□ ザ・シンプソンズ(2007) 声
□ チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(2008)
[PR]
by Reese8 | 2008-07-25 23:55 | 備忘録
□ ビンセント(1982) ・・・見る予定なし
□ フランケンウィニー(1984) ・・・見る予定なし
□ ビートルジュース(1988)
□ バットマン(1989) ・・・見る予定なし
■ シザーハンズ(1990)
□ バットマン リターンズ(1992) ・・・見る予定なし
■ ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(1993)
□ エド・ウッド(1994)
□ バットマン・フォーエヴァー(1995) ・・・見る予定なし
□ ジャイアント・ピーチ(1996)
□ マーズ・アタック!(1996) ・・・見る予定なし
■ スリーピー・ホロウ(1999)
□ PLANET OF THE APES/猿の惑星(2001)
■ ビッグ・フィッシュ(2003)
■ チャーリーとチョコレート工場(2005)
■ ティム・バートンのコープスブライド(2005)
■ スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(2007)
[PR]
by Reese8 | 2008-07-25 23:46 | 備忘録
□ Playing with Anger(1992)・・・今のところ見る予定なし
□ Lobor of Love(1997) ・・・今のところ見る予定なし
□ 翼のない天使(1997) ・・・今のところ見る予定なし
■ シックス・センス(1999) →○
□ スチュアート・リトル(1999) (脚本)
■ アンブレイカブル(2000) →△
■サイン(2002)→×
■ ヴィレッジ(2004) →○
■ レディ・イン・ザ・ウォーター(2006) →×
□ ハプニング(2008)
[PR]
by Reese8 | 2008-07-25 23:37 | 備忘録

[俳優]Barry Pepper

■観た □観てない

■ ザ・タイタニック(1996)
■ ファイアーストーム (1997)
■ エネミー・オブ・アメリカ (1998)
■ プライベート・ライアン (1998)
■ グリーンマイル (1999)
■ バトルフィールド・アース (2000)
□ 61*(2001)
■ 25時 (2002)
■ ノックアラウンド・ガイズ (2002)
■ ワンス・アンド・フォーエバー (2002)
□ The Snow Walker(2003)・・・日本未公開?
□ ザ・レーサー/栄光のデイトナ500 (2004)・・・コレは見られるのか?
■ メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005)
■ unknown/アンノウン (2006)
■ 父親たちの星条旗 (2006)
[PR]
by Reese8 | 2008-07-25 23:25 | 備忘録
d0141483_231285.jpg
こちらもバリー・ペッパーの映画でございます。

うーん、大人の映画。いや、18禁とかじゃなくて。
色んな意味で子供向けじゃないなー。
ストーリーや、死体が出てくる所やイロイロ。つまらないんじゃないかな。

舞台はアメリカとメキシコの国境。(アメリカ側)
メキシコからの不法滞在者メルキアデスは、友人であるカウボーイのピートに
『もし僕が死んだら、故郷のメキシコに埋めて』と約束させる。
国境警備隊のバリー(役名は忘れた)は、故意ではないがメルキアデスを射殺してしまう。
ピートは友人との約束を守る為にメキシコに死体を運びたい。。。。

私が思うに、この映画には誰1人汚れの無い良い人って誰も出てこない気がする。
そこがまた深いのかもしれないけど。。
正直、私はどの登場人物にも共感できなかった。考えさせられることは沢山あるけど。
よく考えなければ、主人公のピートがバリーにひどいことをしまくるので、
私としては「もうバリーにひどいことしないで!」と言いたくなる位。(;´Д`)
バリーの役自体、元々自分勝手で何も考えてないようなバカモノなのだが。。
書きすぎるとネタバレしちゃいそうなので、この位で止めておくか。

その他にも、島国日本に住む私には馴染みのない”国境”。
あと、カウボーイってこういう風に仕事するのかーとか、単純にへ~と思うこともあり。
後から知ったけど、主演のピートはあの缶コーヒーのCMで『だが日本のXXは楽しい』とコメントしている人だった。。。ちっとも気がつかず。。

評価はー・・・難しい。難しいー。
バリー度:★★★★★
オススメ度:★★★☆☆
もうバリーの魅力は満載ですがねー。
内容的に解せない所もあり、かといって退屈でもなく。
人間模様とか、そういうのが好きな人には良い映画かなー。意味分からないなこれじゃ。
バリーって正統派の俳優じゃないのが魅力で、
この映画でも、スタント級に体を張って演技したり、
白目むいちゃったり(コワイ。この顔要らなかったと思う)、鼻水垂らしたり・・・
いやーバリーの魅力満載でした。さいこー。

ここからネタバレ
[PR]
by Reese8 | 2008-07-22 00:04 | 映画

unknown/アンノウン

d0141483_21272120.jpg
イキナリですが、この映画はおもしろかった!!超私好みです。 
オススメ度:★★★★★

久しぶりに大好きなバリー・ペッパー映画です。
映画サイトから主要人物を拝借。主な登場人物はこの5名。
d0141483_22273892.jpg
一番左のデニムジャケットの男が、倉庫で目を覚ますところから始まる。
周りを見回してみると、鼻が折れて血を流している者、
手錠で繋がれて銃で撃たれ瀕死の者、椅子に縛られている者・・・
異様な光景が広がっているが、誰も自分が何者であるか記憶が無い。
そのうちどうやらこの5名の内2名が誘拐され、3名が犯人であるらしいという事だけが分かる。
しかもこの倉庫は電子錠がかかっていて逃げられない。
誰が生きて出られるのか。本当の自分は誰なのか?
最後の最後まで目が離せないです。

いやー本当に面白かった。最高です。
この映画の舞台が、ほぼ倉庫の中だけで終わっているのに、ちっとも飽きる事がありません。
バリーもステキでしたよ(*´∀`*)
[PR]
by Reese8 | 2008-07-21 22:51 | 映画
d0141483_21142234.jpg
M・ナイト・シャマラン監督の映画でござます。
この監督の映画はびっくりエンディングがあって、面白いのは面白いんですが、
以前、アンブレイカブルを見た時に『全部が当りの映画じゃないんだ・・・』と衝撃を受けたので、
これはどうかなと、ハズレじゃないか?いや、実は当りじゃないか?と、
妙なテンションで見始めました。
結論から言うとハズレです。

マンション(アパート?)の管理人の男の前に
レディ・イン・ザ・ウォーター(水の精)が突然現れます。
昔から言い伝えられているおとぎ話にヒントを得ながら、
水の精が必要としている守護者や通訳などをこのアパートの住人から探し出す訳です。
だから、映画の最初からどんな住人が住んでいるのかチェックしながら見て、
推理していくのが正しい映画の見方だと思われるのですが・・・
なかなかそのおとぎ話に観ている方が入り込めないのに、
アパートの住人がすぐに協力してくれる辺り・・・置いてかれてる感じがします。

まぁ、オススメはしません。
映画で推理して遊ぶ分には何とも言いませんが。。。
[PR]
by Reese8 | 2008-07-21 21:26 | 映画