自由気ままに、映画・本・CDの感想を書きつづります。マイペースで更新する予定です。


by reese8

<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

d0141483_2150591.jpg
会社の人から借りました。
DVDを貸していたお礼によかったらどうぞ・・と借りたので、実は見るまで内容を知りませんでした。
アマデウス・モーツアルトのお話です。
しかも見終わった後にケースを見たら、『1984年度アカデミー賞8部門受賞作品』て書いてあるではないですか!
二十数年も前の映画だったとは、見ているときには全く感じなかったです。。

モーツアルトの生涯をちょっとフィクションを織り交ぜながら描いています。
宮廷音楽家のサリエリという人が神父に身の上話しとモーツアルトの生涯を語るという流れで
『モーツアルトは俺が殺した!』と。

この手の映画は歴史を語る映像というだけで、退屈なものが多いというイメージがあったのですが、この映画はとても面白かったです。
3時間。映画としては長い方だと思うけど、飽きることなく観られました。
モーツアルトがちょっと下品であるとか、金遣いが荒いとか、若くして亡くなったとか。
そんな事が描かれていますが、それでもモーツアルトの音楽はスバラシイんだ!
と再認識させられるような、そんな映画です。
なんだかモーツアルトの曲が聴きたい!オペラが観たい!そんな気持ちになりました。
映像も豪華絢爛で、ただボケーっと観ているだけでもステキです。

モーツアルトや音楽に興味ある人にはお勧めしたい映画です。
最近映画が不完全燃焼だっただけに、良い映画が観られてよかったです。
評価:★★★★★
[PR]
by Reese8 | 2008-04-12 21:21 | 映画
d0141483_2339163.jpg
本が面白かったので、その勢いでDVDを借りてみました。

賢者の石と秘密の部屋を観たのは、もう何年も前の話なのでうろ覚えですが、
ハリー達はとっても大人になってました。
それから今作からは監督もダンブルドア校長も代わったようです。
校長は前の方がよかったなぁ。
校長のイメージって、すべてを悟っている、素晴らしい尊敬できる魔法使いなのですが、
今回の人はただのオッサンぽかったです(;´Д`)
まぁ、前の校長を演じていた俳優が亡くなってしまったので仕方ないのですが。。。
前の校長(リチャード・ハリス)賢者の石
今回の校長(マイケル・ガンボン)アズカバンの囚人
髪と髭の違いか・・・?

感想は・・・ちょっと不完全燃焼。
前回2作は、”映画は原作を忠実に再現していて、本を読んでから映画を観るとより面白い!”
という印象を受けたので、今回は本を読んでから映画を観ました。
なのに!なのに!
映画の内容が薄いし、映画1本にまとめるのが辛かったのか、
かなり色々エピソードが削られ、変更され。。。ちょっとガッカリ。

評価:★★☆☆☆

今も『炎のゴブレット』を読んでるけど、映画はどうなんだろうなー。
また監督が違うみたいだけど。。。
[PR]
by Reese8 | 2008-04-12 00:08 | 映画

フライトプラン

この間テレビでやってたのを観ました。
d0141483_22363820.jpg
これ、一体どういう映画なのか、気になってたんだよね。
『容疑者425人』って予告に出てたけど、飛行機の中で誘拐?ありえないよー。と。

ジョディー・フォスターが、娘と一緒に飛行機に乗って、
ちょっと寝ている間に娘がいなくなってしまう。
飛行機っていうと、限られたスペースしかない気がしてたけど、
舞台になっている飛行機が超デカイ!!観れば分かる。デカイ!
これなら迷子にもなるかも。。。と思ったのも束の間。
ジョディー・フォスターはかなり早い段階から、娘が居ないことに危機感を覚え、
騒ぎまくり、しまいにはコックピットの扉をたたきまくる始末。
今、こんな事をやったらハイジャックと間違えられて取り押さえられそうだ。

結局のところ、誘拐なのか迷子なのか、妄想なのか。
もう観てる方もなんだか分からなくなってくる。
結末は・・・観てくだされ。そこそこは面白いです。

まぁ、スケールが大きいというか、現実を超越しているというか、おおざっぱというか。
そんな辺りがアメリカ映画っぽいなぁという。
ハラハラ度★★★☆☆
アメリカ度★★★★★
微妙度★★★★☆

→ここからネタバレっぽい?
[PR]
by Reese8 | 2008-04-11 23:31 | 映画