自由気ままに、映画・本・CDの感想を書きつづります。マイペースで更新する予定です。


by reese8

食べてはいけない添加物 食べてもいい添加物

d0141483_2153768.jpg
だいぶ前から会社の人から借りっぱなしでようやく読みました。
今日は久しぶりに一日家に居て、映画を観たり本を読んだりしてリフレッシュできました。
『食品の裏側―みんな大好きな食品添加物』をいう本を会社の人に貸したところ、
添加物に興味を持ったということで、この本を購入したそうです。そして貸してくれました。

『食品の裏側~』は、添加物の敏腕営業マンだった人が、営業活動をしていたときの自分、
その後家族がミートボールを食べようとするのを見て、添加物の会社を辞めた話でしたが、
この本は別の切り口で、どんな添加物が入っていて、どんな影響が懸念されているかという事を
食品別に紹介しています。(例えばカップラーメン、スポーツ飲料・・など)
具体的な商品名も登場していて『こんなの書いちゃって問題ないの?』という感じでしたが、
とても分かりやすいです。
『食品の裏側~』を読んだときにも、しばらくスーパーで原材料欄をまじまじ見たりして、
気をつけていたりしたのですが、しばらく経つと忘れてしまっていたのですが、
改めて添加物の本を読んだことで、また気をつけようという気持ちになりました。
今でも、危機感は薄れつつも多少気にしているのですがね。

貸してくれた人も言っていたのですが、本の1/3は添加物の辞書のようになっていて、
サスガにそこを読むのは面倒になって読みませんでした。
最初に読むなら『食品の裏側~』がおすすめですが、辞書的な保存版としてはこの本がよさそうです。

今回改めてキケンなんだ~と思ったのは合成着色料。
赤いウインナーとか赤い福神漬けなど・・・やっぱり色鮮やかなものは良くないです。
でも食品の中には、鮮やかな色なのに着色料使ってないものもあり、ちょっと新鮮な情報でした。
[PR]
by Reese8 | 2009-03-01 21:49 |