自由気ままに、映画・本・CDの感想を書きつづります。マイペースで更新する予定です。


by reese8

BABEL

d0141483_22485446.jpg
評価が高い作品だったので、結構楽しみにしてました。
確かに体当たりで迫真の演技でしたが、見終わって「え?終わり!?」と思ってしまいました。
後からレビューや解説を読んで、サスペンスだと思って見ていたのがいけなかったのだと気がつきました。これは娯楽映画じゃ無かったみたいです。
旧約聖書のバベルの塔にちなんでいるとか、人の傲慢さを描いているとか、
それが世界のどこでも起こっているのを描いているとか・・・色々書いてありました。

話はモロッコ、メキシコ、日本で関連付いているのですが、
モロッコ・メキシコは違和感が無いとしても、日本はちょっと強引な感じがします。
自分が日本人のせいか、日本の場面になると、急にべつの話のように思えてしまいました。
関連付いているとはいえ、それぞれが違った問題を抱えているので、
一つ一つの話はちょっと薄いし、誰にも感情移入できないし・・・
こういう映画にありがちな、風景をゆっくり映し出す場面とかなんて、
早送りしたい衝動に駆られてしまいました。(短気なのでしょうか)
私は好きじゃないなぁ。この映画。

誰が監督なのかと思ったら、『21g』の監督だった。
『21g』見たときも「言いたいことは分る気がするけど、つまらない」という感想をもったので、
この監督の映画は好きじゃないんだ・・・と思いました。
残念だなぁー。
[PR]
by Reese8 | 2008-11-27 23:11 | 映画