自由気ままに、映画・本・CDの感想を書きつづります。マイペースで更新する予定です。


by reese8

借りぐらしのアリエッティ

d0141483_465978.jpg
映画館での上映が終わる!(というか長野はすでに終了)というので、
1人で駆け込んで見て来た。
そういえば、過去に1人で映画見に行ったときは、いつもこんな理由だ。。
間際に見る人ってあまり居なくて、いつも2~3人しか居なかったけど、
今回は本当に、本当に1人だった!!
カウンターのお姉さんに『お好きな席どうぞ』と初めて言われた。(座席指定型の映画館で)
指定した座席に座ったものの、一人だったので丁度良い高さの席を求めて、
二度、三度と移動して、満足のいく高さの席を独り占め。
贅沢だ!!
本題のアリエッティはというと、好みの映画でした。
見た人の感想が「ふーんて感じ」とか、「なんか中途半端だったよ」という感じであまり期待していなかったせいもあるけど、夢があってよかった!
最近マンガのワンピースを読み始めていて、ちょっと子供の気持ちを取り戻しつつあるせいかもしれないけど。
素直に、小人から見たら普通の家の中を歩くのは大冒険で、
角砂糖1個でも手に入れられれば、もう大満足!というのがイイ。
地下に隠れて暮らしているので、自分たちの家の窓からは景色が見えないのに、ステキな風景の写真を窓の外に貼って、昼とか夜とかを演出してみたりして。
個人的に一番キュンとなった点は、アリエッティのお母さんがお茶を入れると、ポットからトクトクトクっとか、ジャーとかって感じじゃなくて、
ポタンッと大きなしずくがコップに注がれるところ。
細かいけどそこがアリエッティの小ささが強調されていて良かった。
ストーリー的には、確かに「アリエッティ2」とか作れそうな感じで終わっていて、その後の話も知りたくなってしまうけれど、これはこれで良いと思う。
主題歌もいい。フランス人のハープ奏者が歌っているらしいが、
日本語なのになんだかフランス語みたいに聞こえる。
続編とか作ってほしいなぁ。
[PR]
by Reese8 | 2011-02-20 04:07 | 映画