自由気ままに、映画・本・CDの感想を書きつづります。マイペースで更新する予定です。


by reese8

ある閉ざされた雪の山荘で/東野 圭吾

d0141483_23535451.jpg
早春の乗鞍高原のペンションに集まったのは、オーディションに合格した若き男女七名。これから雪に閉ざされ孤立した山荘での殺人劇が始まる。一人また一人と消えていく現実は芝居なのか。一度限りの大技が読者を直撃。(「MARC」データベースより)

-------------------------------------
これ面白かったです。
芝居の練習と称してペンションに集められた7人。
1人、そして1人と消えていくんですが、芝居なのか殺人なのか分からないし、
消えた理由も全然わからない。
犯人が7人の中にいるのか居ないのか。
本当に最後まで考えても考えても分からないのですが、
それがまた楽しく、結末も納得のいくもので満足しました。
ありがちですが、盛り上げて期待させておいて「そんなオチかよ!!」と
ガッカリさせられるものもあるので、サスガは東野圭吾って感じですかね。
設定とか話の流れとかが、なぜか懐かしさを覚えるようなミステリーでそれもまたイイ!
[Amazon:ある閉ざされた雪の山荘で (講談社文庫)]
[PR]
by reese8 | 2010-11-20 23:54 |