自由気ままに、映画・本・CDの感想を書きつづります。マイペースで更新する予定です。


by reese8
先に『いつやるか? 今でしょ! 』を読んでおいた方が良さそうです。
いつも理論的なお話しをする林先生は、どんなことを考えながら色々なことに対応しているのかを知ることができる本です。
仕事の考え方だけでなく、人への接し方など、常に色々なことを考えていることが分かります。
またしばらくして、内容を忘れた頃にもう一度読んでもいいなと思える本です。

[PR]
# by reese8 | 2017-01-09 17:12 |

剣岳 点の記

d0141483_18324897.jpg

あらすじ
明治39年、参謀本部陸地測量部の測量官・柴崎芳太郎に未踏峰とされてきた剱岳への登頂と測量の命令が下った。それは日本地図最後の空白地帯を埋めるという重要かつ困難を極める任務であった。山麓の山案内人とともに測量に挑んだ男たちは山岳信仰から剱岳を畏怖する地元住民の反発、ガレ場だらけの切り立った尾根と悪天候・雪崩などの厳しい自然環境、日本山岳会との登頂争い、未発達な測量技術と登山装備など様々な困難と戦いながら測量を行うが…。
(Wikipediaより)
予備知識を持たずに観てしまったのですが、まず事実を元にした小説が原作であるということ、
CGなどに頼らずに当時の登山ルートを辿ったという点を踏まえて観ることをオススメします。
観てるだけで「そんなところ登るなんて怖い!!」と思うのと同時に、
山の景色って本当に素晴らしいと感じます。
でも、やっぱり誰も登ったことの無い山なんて怖すぎです。。
前人未到の山の測量という困難なミッションに向き合う男たちというストーリーに関しては、
個人的にあまりツボな話では無かったのですが、香川照之の好演でグッとひきつけられました。
本当に素晴らしい役者さんですね。
もう一度、山の景色を楽しむ為に観てみたいなと思います。
[PR]
# by Reese8 | 2011-05-06 18:55 | 映画

ガラスの仮面(1~46巻)

d0141483_23234525.jpg
ワンピース読み終わってすぐにガラスの仮面。
長編、そして長編。
まったく世界が違うけれど、再びどっぷりはまりました。
高校生の頃に借りて読んだ覚えがあるけど、途中までだったしほぼ忘れてました。
今回、同僚が最新刊まで全て貸してくれました。
本当にありがとう!!

このマンガ、自分が生まれる前から連載が始まっているので、すごく時代を感じます。
もう今の少女マンガでは読めないトキメキがあります。
主人公の北島マヤが幻の舞台「紅天女」を演じるのを目標に成長していくというストーリーですが、
最終的には演劇よりサブストーりーと思われる恋愛をメインに読んでしまいました。
マンガは演劇のシーンがほとんどなのですが・・。
なんかこう、昔の純粋な感じがキュンキュンさせてくれるんです。
デートのシーンなんて海辺で「キャハハハハ」とか言いながら走っちゃうんですから。
本当におもしろいんですが、残念ながらまだ完結してないんですよね。
長く連載しすぎて、新しい数巻では急に携帯電話が登場してビックリしちゃいました。
それまでは黒電話で、携帯が無いから連絡できない・・みたいな状況だったのに。
あーはやく続きが読みたいーーーー。真澄様。。
[PR]
# by reese8 | 2011-03-29 23:35 | マンガ

ワンピース(1~61巻)

d0141483_234393.jpg
遅ればせながら読みましたよ!
実はすごい興味を持っていた訳ではないのだけど、世間で大人気だという話題が出るたびに、
「そんなに面白いの!?」という疑問から一度は読んでみたいと思っていました。
そんなときに行きつけの美容師さんが全巻貸してくれたんです!
本当にありがとう!!

でも、他にも読んでる本があったせいもあって読み出すまでに時間がかかりました。
そして読み出してからも正直読むのが大変でした。
ジャンプ系のマンガをそんなに読んだことがなかったせいもあるけど、
絵がどうなっているのか良く分からなかったり、擬音が多くて疲れたり・・・
ストーリーも「あー小学生とかにウケそうー」とか思っていました。10巻位まではそんな感じ。
それから徐々に夢のある話に、自分が子供の頃に空想していた冒険の話を思い出して、
子供の気持ちになれる感じにちょっと好感を持ち始めました。それが20~30巻辺りかな。
その後グランドラインに入り始めた辺りから面白くなって、ちょっと泣いたり感動しちゃったり。
50巻辺りからすごいハイペースでページをめくり続けました。
面白かった!!そして続きが読みたい。
子供のマンガだなんて言ってごめんなさい。

偏見なのですが、超人気の大作って言うとドラゴン●ールとかのイメージが強くて、
話がどんどん大きくなっちゃって、収集付かなくなっちゃうんでしょ!とか思ってたけど、
ワンピースは違う。
もちろん主役は死なないんでしょ?とか、なんでそんなに強いの?とか、
そういった点はありますが、主役だから仕方ない!と許せます。
それより、初期の頃に出てきたキャラが後からまた登場したり、伏線がたくさん張られていて、
どれだけ計画してあるんだと。作者は天才か!?といたく感心しました。
まだまだ続きますが、ちゃんと購入して読みたいと思います。
借りて読んだ巻も、徐々に収集しはじました。
[PR]
# by reese8 | 2011-03-29 23:20 | マンガ

検事・鬼島平八郎

d0141483_4202056.jpg
初回を見てこれは期待できないなと感じたけれど、
ダンナが面白い!と見始めたので、私もついでに見ることにしました。
あまり期待していなかった割には、中盤から盛り上がり始めたので面白かったのですが、
最終回辺りが尻つぼみって感じでした。
最後までピーンチという状況なのに、あっという間に逆転できちゃったりして・・・
原作がマンガらしいので、本当はもっと話が続いているのかなという感じで、
ドラマ用にうまい事まとめちゃったのが、逆に面白さを半減させちゃったかと思います。
スペシャルゲストっぽい北野武が、あやしい弁護士役で出ていて、
もっと絡んでくるかと思ったら、本当にスペシャルゲストだったという。。微妙。
[PR]
# by Reese8 | 2011-02-20 04:20 | ドラマ